生涯学習音楽指導員養成制度

生涯学習音楽指導員養成講習会

平成6年に施行された「音楽振興法(略称)」により、生涯学習の一環としての音楽文化の果たす役割の重要性がより一層強調されるようになりました。

この講習会は、豊かな音楽文化の創造を担う、将来性のある音楽指導者を養成する制度です。

指導員の活動によって、各地の音楽活動が活発化すること、ひいては音楽文化振興の継続的な基盤形成をめざします。

生涯学習音楽指導員に求められる資質や能力

「生涯学習音楽指導員」の役割は、地域における音楽活動に専門的な助言を行うことです。

指導員は、生涯学習の視点に立って、地域の音楽事業のサポート、音楽の学習指導、音楽イベントの企画からコーディネイトまで、また子どもから高齢者の方に至るまで、地域の人々の幅広い音楽ニーズに応えることができます。

A級

  • 音楽の各種団体の組織を運営できる
  • 地域の音楽文化・教育の諸事業を企画・運営できる
  • 関係者に対して、指導・助言を行うことができる

B級

  • 地域の学習の場で、より高度な個人及び集団の学習活動が支援できる
  • 地域社会における音楽諸活動にも積極的に参画し支援できる

C級

  • 地域の学習の場で、初心者の基礎指導ができる
  • 音楽する楽しさを教え、学び方の指導ができる

最短4年で生涯学習音楽指導員A級の資格を取得することができます。

a

生涯学習社会が求める音楽指導員とは

国立教育政策研究所名誉所員・星槎大学特任教授
公益財団法人 音楽文化創造 監事 川野邊敏

生涯学習音楽指導員の役割は、ひとくちで言って「音楽の生活化」の先導者であるということです。まず、次代を担う青少年が学校の授業やクラブ活動だけではなく、地域や家庭の中で音楽を楽しむ生活ができるよう指導してあげて欲しいものです。子どもたちの心豊かな成長に音楽は欠かせない重要な役割を果たすものだからです。

また、文化センター・公民館・開放された学校などで、子どもから高齢者に到るまでいろいろな世代の人たちに音楽のすばらしさを実感してもらえるよう指導したり、その人たちが音楽を通じて仲間をつくり、明るい文化的な地域づくりを行えるよう支援・指導してください。地域の福祉施設などにも足を運び、生きる希望の火を灯していただくのも重要な仕事ですし、地域にある音楽団体やグループ活動や運営についての相談役や調整役、トレーナーなどとしても大いに活躍して欲しいものです。

更に、皆さんには「音楽の町」づくりの中心的役割も期待されています。地域の中で音楽イベントを企画・演出したり、音楽関係のリーダーなどを養成するような活動も行って欲しいと思います。「みんなの音楽」「生涯学習としての音楽」の実現が、生涯学習音楽指導員の手にゆだねられているのです。

生涯学習社会が求める音楽指導員とは

国立音楽大学副学長・教授 公益財団法人音楽文化創造理事 久保田慶一

最近キャリア論が盛んである。キャリアとはその人が描く人生の軌跡であって、決して職場で出世することばかりではない。音楽でキャリア形成することも可能だ。しかしこれまでのように、音楽「で」何かしらの仕事をするだけでのキャリア形成も難しい時代になった。むしろ、ワークライフバランス(仕事と生活のバランス)を考えて、そのなかにいかに音楽活動を意味づけていくかが大切である。音楽「で」生きるのではなく、音楽「に」生きることで、音楽のキャリアを形成していくことが、これからの時代には求められるであろう。生涯学習音楽指導員の養成講習は、みなさんが音楽「に」生きて、音楽のキャリア形成を手助けします。

ページのトップに戻る