伝統音楽

学校教育を含む広い生涯学習の一環として、伝統楽器による日本の音楽の学習が積極的に行われるための条件整備を進めています。平成14年度から新しい学習指導要領の導入により、学校音楽教育の中に和楽器の実習が必修とされることになり、邦楽における指導者の人材育成と音楽教育者向けの実技講習等に力を注いでいます。毎年開催されている国際音楽の日の記念イベントや各地の演奏会を通して、伝統音楽への正しい理解と幅広い普及をめざしています。

ページのトップに戻る